【PV公開】Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前売券10月11日発売開始

Fate

 先日原作ゲーム第七章にあたる 『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の第1話がTV放送され、映像化の出来が本当に素晴らしく、動くマシュやダヴィンチちゃん、久々にみるロマン、本当に最高でした。

アリスも楽しませてもらいましたヾ(´∀`)ノ゛キャッキャッ

 しかし、Fateワールドの広がりは止まりません。TVアニメ化に続いて原作ゲーム第六章の劇場版『Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット』のPVが公開されました。本作は前編、後編の2本構成で、このPVは2020年に公開される前編 “Wandering; Agateram” の内容です。第六章は原作ゲームの中でも屈指の人気エピソードなのでわくわくが止まりません!!

劇場版 「Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-」 第1弾特報

円卓の騎士の物語

自分が成すべきことだけは、今もこの手に握られている」

 べディヴィエールの独白から始まるPV。砂漠の旅路と変わり果てた王の姿。
 このPVだけでもFateファンは思うところ、感じとるところが大きいですよね。劇場タイトルに「キャメロット」の記載がある通り、第六章では円卓の騎士が大きく関わります。そしてアーサー王であるアルトリアの関わりは外せません。アルトリアが歩んだ物語とその結末、故に聖杯に託した願いについては、「stay night」や「Zero」、コアなファンであればドラマCDにもなった「Garden of Avalon」でご存知だと思います。Fateファンにとって、Fateに深く関わっていればいるほどアルトリアの存在は特別で、第六章の物語は胸に刺さります。

 またアルトリアだけでなく、本作はマシュにとっても重要な物語になります。デミ・サーヴァントとして非人道的な実験で生み出されたデザイナーズベイビー。自分の存在のあり方と、何を成したいかを見つめ直し、その答えを探します。

 2020年にはHeaven’s Feelの最終章「spring song」の公開も控えていますし、来年が待ち遠しいですね!

タイトルとURLをコピーしました